カテゴリ:シュタイナー教育の概要( 2 )

シュタイナー教育の概要

シュタイナー教育の概要
 いよいよ2年目の年になり、シュタイナー教育を学びます。最初に大村祐子さんからのシュタイナー教育の概要を学ぶ授業がありました。0歳~21歳までの子どもの成長とそれに沿ったカリキュラムを教えてもらいました。
 シュタイナーは、「ある能力を正しい仕方で育てるためには、どの年齢でそれを試さなければならないかを考えなければならない。実際にその年齢でなければ発達させられない能力がある。後からそれを発達させようと思ったら、人生をかけて生きるか死ぬかの境を通してそうしなければならなくなるのです。」と述べています。生きるか死ぬかはちょっとオーバーかも知れませんが、それだけ時期を逃してしまったら、後からその能力を伸ばそうと思ってもとても難しいということなんだと思います。

 “どの年齢でどんな能力をどのようにして伸ばすのか。”
シュタイナーは「人間の一生は7年周期で変容していく。」と考え、子どもの成長も7年周期でとらえています。

(0歳~7歳)
 この時期の子どもは模倣を通して学びます。

 模倣こそこの時期の子どもの学び方だといわれます。
この年齢の子どもに説教をしたり、こうだ、あーだと言って聞かせてもだめだということですね。私は、保育所に勤めているとき常に、「次はこうしてね。こうするのよ。」と指示をしていたように思います。周りの大人のすることや出来事をまねて遊んでいる姿は知っていましたが、模倣を通して学ぶという視点がまったくありませんでした。大人が教えることによって学ぶのだと思っていました。

 また、子どもの心は世界に向かって完全に開かれていて、子どもは大人の考えていることや感じていることまでも模倣するのだそうです。子どもに真似されてもいい振る舞いを常に態度で指し示さなければならないなんて、この時期の子どもを育てる大人はとっても大変ですね。いつも感情が穏やかなときばかりではありません。いらいらしたり、カッとなったりする時だってあるのですから。こんなことを聞くと「私にはとても子どもは育てられない。」と思ってしまいます。
でも人間なのですから完璧なあり方なんて出来るわけがありません。そういう自分のあり方を認めて、この時期の子どもは模倣を通して学ぶのだということを忘れず日々過ごすことが大切なのではないかと思います。
 しかし、保育園や幼稚園の保育士は「プロ」なのですから、子どもと接している間は子どもに模倣されてもいい振る舞いを常に心がけて保育に当たることが求められると思います。

 この時期の子どもは、
1、身体組織と器官が育つ。
2、身体活動(運動)を多くする。
3、言葉を話すこと、それに伴って思考すること。
4、道徳性が育つ。
  この4つのことが子どもの中で著しく育つといわれます。

○ 体の組織が発達するとは
 生まれてすぐに育つ必要のある器官は血液の循環と呼吸です。この二つは生きていく上でなくてはならないものです。
 この二つが健やかに育つためには、血液の循環が規則正しく、力強くあること。呼吸が正しく深くあることが大切です。不安だったり、不満があったりすると呼吸が浅くなります。また、ドキドキしたり、怒っているときも呼吸が浅くなります。深くリズムのある呼吸をするためには不安がらせない、怖がらせない、急がせない、睡眠不足にさせないことが大切です。また、決まっていないこと、いつも変化すること、強制させられることは不安につながります。知らない人に会うこと、未知なものに出会うこと、刺激のつよい食べ物に出会うことも不安にさせます。
落ち着いていて、安心で、睡眠が十分満ち足りていることが、呼吸、血液の循環の安定につながり健やかな成長を促します。

 私は、「急がせない、決まっていないこと、いつも変化すること、強制させられないこと。」というところがとても考えさせられました。今まで保育者として保育していたときのことが思い出されます。私は、いろんなことをたくさん体験し経験することが子どもの成長を促すのだと思っていました。毎年同じことを繰り返すのではなく常に新しいことをチャレンジさせるような取り組みを考えていました。また、生活の中で色々なことを決めてしまうのは子どもを自由にのびのび育てられないと思っていました。たとえば、食事をするとき座る場所を自由にさせていました。今から思うと座る場所が決まっていないと、どこに座っていいのか分からない子どもにとってはどんなに不安だったことでしょう。いつも「早くしなさい。」と急がせていたし、いやなことも強制していたこともいっぱいあったなあと反省することばかりです。睡眠不足の子どもたちもたくさんいました。その結果、子どもたちは落ち着かなくなり、騒がしくなり、子ども同士のトラブルが増えてきたのだと思います。

 毎日、毎週、毎年同じことが繰り返され、それがベースとしてある中で、子どもの成長と共に少しずつ新しいことを体験するということなのでしょうか。その中での新しい体験は、不安なのではなくワクワク、ドキドキ心躍る体験になるのでしょう。特に今はめまぐるしく様々なことが変わる世の中です。だからこそ、子どもにとって毎日の生活のリズムはとても大切になってくるのだと思います。

 ルネ・ケリード著の「シュタイナー教育の創造性」という本の中に、子どもの意志はリズムのある生活の中で発達する。大人は子どもの意志の変容を助けなければならない。ということが書かれてありました。

 意志は変容するというのです。
 幼い子どもの意志はすべて本能的です。その本能はリズムのある生活のなかでゆっくりと発展するそうです。食べたり、眠ったり、歩いたりなどの正しいリズムを通じて子どもの習慣が確立されます。本能的な意志はしだいに衝動になります。そして、欲望になり、続いて動機になります。動機は意図となり、願望になり、決意に変容します。このことは、大人になったとき目的をもって行動できる力に結びついていくのですと。

 7歳までの子どもは、本能的な意志から衝動に変容していくけれど、まだ動機を持つ能力を発達させていないといいます。子どもはまだ動機をもって行動することが出来ません。ですから、7歳までの子どもに選択させることはよくないといわれます。たとえば「明日の誕生日にはどこへ行こうか。公園に行ききたいかい、それともボートに乗りたいかい。」というような質問です。私も、子どもに選択させるということも今までよくしていました。子どもにどうしたらいいか考えさせるということもよくしていました。これは子どもの自主性を育てるものだと思っていたのです。大人がすべて決めてしまうことは子どもの自主性を奪うことだと。子どもの心の成長を知らないためにしてしまった誤りだと改めて思います。

○身体活動が活発になるとは
  幼児が体を動かすということは内面から湧き出てくる衝動だといいます。ですから、それをやめさせようとしたり邪魔してはいけません。適切な運動が身体機能を強めるのです。身体の発達は意志の発達を促します。動くということは意志が働いています。自分の思う通りに体を動かすことが意志を強め、又、体が動くことで意志が強められるといわれます。

 最近は特に、思いっきり体を動かせて遊ぶ子どもが少なくなってきました。テレビやテレビゲームの影響、遊び場がないなど深刻な問題を抱えていると思います。大人が意識してそういう場を作ってあげることが必要になってきています。

○話すということは
 話すことによって自分以外の世界と関係を持つことができます。話すことはリズムとつながっているので呼吸と循環器の形成を助けます。リズムのない話し方はたどたどしい話し方になってしまいますものね。また、話すことは思考につながります。3歳ごろ、子どもが話し始めたころ、思考の対象(世界)がはじめて子どもの前に現れるのだそうです。ですから、子どもは自分の外にあるものにとても興味を示します。外にあるもので興味を示すものは動くものです。動くものの中でも一番興味を示すのが人間です。
大人は思考するとき、論理的、概念的に思考しますが幼児は鏡を見るように世界を見るのだそうです。鏡がすべてを写すように全部受け取って模倣します。このことは、幼児が鏡文字を書くことからも分かります。外的な出来事の鏡像が思考の土台になるのだそうです。

○道徳性、宗教性を形成するとは
 道徳的な生活を営むことは人として生きる時とても必要です。道徳性を育むには、感謝すること、愛すること、勤めを果たすことを学ばなければなりません。シュタイナーは、感謝することは0歳~7歳で、愛することは7歳~14歳で、勤めを果たすことは14歳以降に育つといわれます。感謝する気持ちが育たないと愛することも勤めを果たすことも出来ません。感謝することはあらゆることの土台になるといわれます。感謝することを学ぶためには、周りの大人が感謝することが出来ること、そして感謝してもらった体験が必要です。

 感謝の気持ちと同時に宗教性も育ちます。宗教性とは、この世界には人間の力以外の存在が働いていることを感じることです。人間だけがすべてであり、人間だけが力を持っていると思うとおごりにつながります。宗教性を持つことによって、人は謙虚になり精神を成長させていく力になります。シュタイナー教育の目的は、すべての子どもはこの世で果たすべき課題を持って生まれてきて、その課題を果たすための力と技をつけることにあるのだといいます。宗教性がないとこの目標は達成されないというのです。宗教性はすべての子どもが持っています。それは、周りの人や周りの環境にすべてをゆだねている姿から見て取れます。

 シュタイナー幼稚園では、毎日お祈りの時間があると聞きます。お祈りは感謝の気持ちを言葉にして表すものです。宗教というと抵抗のある人も多いと思います。でも、どの宗教と限定するのではなく、人間の力を超えた大いなるものに、いつも感謝の気持ちを持っている大人の言葉を聴いて育つことは幼い子どもにとって大切なことだと思えるようになってきました。私の祖母は朝に夕にお祈りをしていました。あらゆる神様を信じていていろんな神様の名前を最初に言って、感謝の言葉と自分のこと家族のことをいつも祈っていました。そんな祖母を見て育てられたことが今の私につながっているのだと最近になって感じています。昔の人はいつも仏壇に手を合わせ神棚に手を合わせて生活することが当たり前だったのです。そんな生活は私の祖母の時代に終わってしまいました。だからなのでしょうか。今の大人たちは私も含めて感謝することよりも不平不満が先に来てしまいます。このことは私自身の課題でもあります。
[PR]
by higuchi1108 | 2007-05-03 10:54 | シュタイナー教育の概要

シュタイナー教育の概要

(7歳~14歳)
 この時期の特徴は、感情が著しく成長するということです。

 7歳以前の感情のあり方は、好きか嫌いか、あるいは本能に基づいていて、お腹がすいた、眠い、痛い…などのときとても機嫌が悪くなります。7歳以降になると待てるようになります。我慢ができたり、自分の持っているものを他者に譲るということもできるようになります。他者の痛みや悲しみを理解できるようになります。体の心地よさだけではなく、心の心地よさもあるのだということを体験します。そして、善、悪の感情も育ちます。

感情を育てるためには

芸術としての授業
 シュタイナー学校では、授業そのものが芸術でなければならないといわれます。感情を育てるためには、体を動かすことによって体が育つように、たくさん心が動かなければ育ちません。心は動くことによって成長するのです。心が動くということは感動するということです。芸術作品はある人が感動してその感動したものを作品に表したものです。毎日多くの時間をとっているのは授業です。ですから授業は子どもたちの心が動くようなものを作る必要があるのです。教師が感動したものを授業という形で子どもに伝えるのです。

芸術としての授業とはいったいどういうものなのでしょう。
 それは、学習をやさしく楽しくすることではなく多くの芸術的習練を通じて子どもの意志を育てることにあるのだといいます。シュタイナー教育は、自由なイメージの教育ではなく非常に多くの訓練を要求します。そして、どんな教科もすべて子どもたちが身近に感じられるような生活と結びついています。

シュタイナー教育の具体的な特徴は

・エポック授業
 日本の学校のように1時間目が算数の時間、2時間目は国語と細切れの授業ではなく、朝の100分を同じ科目を集中して習います。しかもその授業は3週間から4週間に及びます。エポック授業は子どもに興味を持たせ集中させる上でとても効果的だといわれます。授業の内容を日常生活の意識の中だけではなく、子どもがより深く自分の中に取り入れることを可能にします。先生は3,4週間、ただ一つのテーマに集中することによってとても深くそのテーマに取り組むことが出来ます。

 でも、算数を続けて学んだあと、次に算数を習うときには前に学んだことを忘れてしまうのではないかという疑問が出てきますね。

 しかし、シュタイナーはいったん学んだ内容は次に続く時間の中で新しい能力に変容するというのです。かぼちゃを食べると消化され他のものに変容して私たちの血や肉となるように、変容するということはその子の力になったということです。知識は変容しませんが学んだことは変容し血や肉となるのですと。
 
 子どもが100分という長さの中で授業を休み時間なしで受けることが出来るのだろうかという疑問も出てきます。

 授業の内容は、集中する部分とリラックスする部分を上手に取り入れ芸術的な授業の流れになっているとのことです。授業そのものが呼吸のように緊張とリラックス、頭の作業と手足の作業、共同の取り組みと一人ひとりの取り組みというようにリズミカルな交代が行われています。

授業の流れ
1、リズムの時間
 朝の詩を唱え、歌をうたい、手をたたいて数を数えたり、歩いたり、円になって遊んだり、笛を吹いたりします。
 
2、繰り返しの時間
 前日、授業の中で身につけたものを子どもの意識の中に呼び起こし、繰り返し深めていくための時間です。

3、そして中心の授業があります。

4、書く時間
  授業で学んだことを自分のノートに書く作業です。エポックの授業によって、絵を描いたり、スケッチしたり、計算の課題をしたりします。

5、お話の時間
  先生はお話を暗記して子どもたちに語ります。
 お話の内容は
  1年生…メルヘン
  2年生…伝説(聖人伝説)、動物のお話
  3年生…旧約聖書のお話
  4年生…神話、英雄伝説
  5年生…神話、英雄伝説
  6年生…古代の歴史からのお話、
  7年生…中世のお話
  8年生…近代の歴史
 となっています。

・権威者としての教師
 この時期の子どもの心の中に権威に対する憧れが生まれます。そのため、教師は子どもにとっての権威者でなければならないといいます。子どもにとっての権威者とはどんな人のことをいうのでしょう。

 権威というとあまりいいイメージを持ちません。権威のある先生やお父さんのいうことは絶対で、どんなことがあっても聞かなければならないというような戦前の教育のイメージがまだ残っています。その反動から最近は子どもにとって友だちのような先生や親を目指す人もいます。

 権威者とはどういうものか、受講生それぞれが意見を出し合いました。皆の意見は、決して自分の権威を振りかざすような人ではなく、子どもたちがこの人のようになりたい、この人に従っていけば大丈夫、この人の教えてくれることを学びたいと思えるような人のことではないかということです。

 シュタイナーは、どんな教育も子どもたちが前の世代の人々や、自分より先輩の人々に対する尊敬の気持ちを持っていない限り決して正しい方向に向かうことができないといいます。年上の人々がこれまでやってきたこと、言い換えれば学校でこれから学ぶ事柄に子どもたちの敬意と尊敬が向けられること、それが大切なのです。7歳から14歳までの間、学ぶべきことがらを子どもが愛をもって、先生に対する尊敬の念をもって学ぶことができるかどうかが大切ですと語っています。このことは、今の学校の状況を考えると難しい問題です。でもとても大切なことだと思います。


・シュタイナー学校の授業ではすべての教科に、「全体から個へ」という考え方が浸透しています。

 たとえば算数の授業では、全体としての栗を12個持っている状態からそれを色々な方法で個に分けるというように教えられます。計算式で書くと
12=3+4+2+2+1
になります。この方法だと答えは一つではなく行く通りもあることが分かります。
       12=5+5+2
 でもいいのです。答えは無限にあります。12=1000-167-86-…という計算式を考えた子どももいるそうです。

 ヘルムート・エラー氏は、一つ一つ足していくのではなく、「分ける」という考え方は、自分の持っているものを他者に渡すということです。無意識的に利他主義の姿勢を持っています。反対に増えていく足し算は子どもの中の利己的なものを活発にさせます。はじめに全体的なイメージをもち、すべてがつながりあっていることを知ることがとても大切ですと述べています。

・9歳を境にその前とその後の授業のあり方が変わります。

 子どもが9歳ごろになると、環境世界からはっきりと自分を区別するようになるのだそうです。子どもの自己意識はこの頃より深まりそして強くなります。9歳以前の子どもには、物語の中で自然の様々な営みを話して聞かせます。本来の博物誌を9歳以前に始めてはいけないといわれます。
 自分と世界とは違うのだという意識がはっきりしだす9歳から博物学の授業を始めます。9歳までは主として芸術的な仕方で読み書き、計算を教えます。9歳からは博物学の授業を始めます。博物学は、人間の中にいわば全自然界が、鉱物界と植物界と動物界とがすべて高次の仕方で統合されていることを授業を通して持たせるようにするそうです。そして単なる物語ではなく本来の歴史的考察は12歳以降になってから行います。

・シュタイナー学校ではテストがありません。
 シュタイナーは、思春期に達する14歳以前に試験による不安をもたらされた子どもは、生理的なあり方全体を非常な危険にさらします。不安は子どもの生理や心理を妨害しますと述べています。
 先生は通信簿には親のための文章と子どものための言葉を書いて渡します。
親のための通信簿には、それぞれのエポック授業でどう振舞ったか、どう努力したか、進歩したか、どのように自分のエポックノートを作り上げたかを伝えます。子どもたちには、次の学年での子どもの課題を様々なイメージを用いて詩の形にして表現します。
 
 子どもに送る詩の例
  植物たちは探す。
  お日様の輝きを。
  暗い森の中に、暖かい光が差し込むように。

  僕も探す。しっかり考えることが出来るちからを。
  僕の中を貫いて、
  育み、そして高く成長するように。
 
 私は自分の子どもの学校での個人面談に参加するたびに、子どものテストの成績ばかり伝えられていたことを思い起こします。テストの成績がいいと安心し、悪いとがっかりさせられていました。それと同時に先生はテストの成績しか子どものことを理解してくれていないのではないかと不満にも思っていました。成績がよければすべてが出来る子で、悪ければすべて出来ない子と決め付けられていたようにも思うのです。先生も親も勉強が出来るかどうかとても気にするのですが内面的な生活への関心は二の次になっていました。

 シュタイナーは、教育において子どもの驚き、感謝、責任感をどう育てるかにとても関心を持っていました。驚き、感謝、責任感は子ども時代に育てなければならない能力だといいます。驚きは学問の始まりです。驚きの感覚が発達しなかったら冷笑的になる。感謝の感覚が発達しなかったらエゴイストになる。責任感が発達しなかったら破壊的になる。といわれています。シュタイナー教育は、自己と世界との和解をめざすもので、驚き、感謝、責任感はその礎石になるといいます。

 シュタイナー学校の先生になるためには本当に力量が必要になってきます。教科書もない、テストも行わない、学年の終わりにはそれぞれの子どもに詩を送らなければならない、授業は芸術的でなければならない、8年間の持ちあがり担任性、自分の気質を知って子どもの気質に合わせて接しなければならない、などなど…「自信がなくなってきた。」と悩んでいる受講生もいます。私はシュタイナー学校の先生ではなく、乳幼児の保育を目指しているのですが共に困難を乗り越え、自分自身の精神の成長のためにも目指す道を歩んで行きたいと思っているのですが…。

(14歳~21歳)   
 この時期は、精神的な力が著しく成長します。その精神性に支えられて魂が発達し本格的に活動を始めます。そして、自我が成長します。

 感情体が活動を始めることは異性への愛として現れます。この愛は普遍的な愛に成長して行きます。異性への関心は、人類に対する普遍的な愛の芽生えなのだとシュタイナーは言います。

 自我の成長は、自分で考え判断することに現れます。独立的な思考力、判断力が発達し、権威に対する感情が少なくなり消えていきます。権威から離れようとします。権威から離れられるのは権威のある人を持っていたからです。

教師のあり方は、
 0歳~7歳は…模倣する対象としてそこにいる。
 7歳~14歳は…子どもの前に権威者として立ち、社会を指し示す。
 14歳~21歳…理想を目指して共に歩む。

 14歳以前は、世界は向こうからやってきました。先生が指し示してくれました。14歳からは自分の足で世界に入ります。小学生時代は世界を知ることでした。これからは世界を理解することを求めるようになります。経過がどうなるかということから法則性を見出します。原因と結果を見出します。その物事の意図や目的を見出します。

 シュタイナーは、このとき大切なことは「謎」として提示することだと述べています。

宗教性を求めます。
 人間の力を超えた力や精神性に関心が高まります。それは精神の力や魂の力が発達するからです。感情体の働きによって美しいもの、善なるもの、真なるものにあこがれ理想を求めます。でも、現実の世界はそうではありません。だから人間の力を超えたものにあこがれるようになるのです。

理想や理念を求めます。
 自分はこうありたい、こうでなければならない。自分に対する理想を設定します。自分が描いた理想に向かって成長させようと努力します。このとき、今まで培ってきた想像力が大切になってきます。理想は目には見えないものです。理想を描くには想像力が必要です。想像する力がないと理想を描くことができません。青年は人生の山を登っていくとき、自分の導き手となる理想を必要とします。理想が導き手になるのだといいます。理想を描けないと人生の導き手も見出せないということです。想像力は本当に大切なものなのですね。

自我が成長します。
 自我の成長は、非常に強く自己主張するようになり、おしゃれに関心を持ったりすることに現れます。また、虚勢を張り、粗野な振る舞いをしたり、とても羞恥心を持つことにも現われます。

この時期には危険な道に入る子どもも出てきます。
 利己主義になり、異性にこびます。傲慢になったり虚栄をはったり、おしゃれが度を越します。セックスにおぼれたり、暴力を振るったりします。これは満たされるべき青年期の本性がみたされないからこのような危険に陥ってしまうのだといわれます。

この時期は、
    世界に関する関心
    美しいもの、崇高なものに対する憧れ
    倫理や道徳的な衝動

 この3つを満たすことが必要だといわれます。大人や教師はこのことを助けたり、促したりすることが大切です。

 「思春期の危機を乗り越える」ベティー・ステイリー著の表紙の裏に次のような文が載っていました。

 人生は生きるに値するのか。意味などあるのか。十代の子どもたちの心の奥には、こうした問いが潜んでします。周囲の環境からは、酒やドラッグでいい気持ちになれ、金儲けしろ、素敵な車を手に入れろ、権力を得よ、気持ちよくなれ、社会で成功しろ、といったメッセージが送られてきます。…大人たちは、政治についても社会改革についても冷ややかな態度をとっています。周囲には、いたるところに病んだ社会の相が見えます。それにもかかわらず、若者たちは社会への関心を失うことなく、なにか意味のある貢献をしたいと願っているものです。それはたたえられるべき彼らの強い本姓と善意のあかしなのです。…

 このような青年期の子どもたちと、理想を目指して共に歩む大人でありたいと思います。


 最初のシュタイナー学校は、第一次世界大戦が終結して間もない1919年に、エミール・モルト氏が経営するタバコ工場の労働者の子どもたちのために設立されました。シュタイナーは社会階級や経済状況に関わりなく、すべての子どもが12年間の一貫教育を受けられる学校を作ろうとしたのです。

 シュタイナー教育は本当に子どもの成長に沿っておこなわれているのですね。0歳~7歳は体の器官を発達させる時期であり、7歳~14歳は心を育てる時期であり、14歳からは精神を育てる時期であることが明確に指し示されています。体が十分育たないところに心も育ちにくくなります。心が育たないところに精神も育ちにくくなります。そのなかでも肉体がすべての基礎になります。身体を育てなければならないときに暗記させられるようなことばかりさせられた子どもは、体も心も精神も育つことが難しくなります。私たちは、とかく自分の子どもが他の子どもより早く色々なことが出来て欲しいと思ってしまいます。特に知的な部分では早くから教えることによってどんどんと先へ進んでいってくれるのではないかと思ってしまいます。その結果、思春期を迎えるようになってさまざまな問題に直面させられることになるのですね。

 日本が高度経済成長を遂げていたころは、一流大学に進学し、一流企業に就職すれば幸福な人生が保障されると信じていました。子どもたちを幼児の頃から塾に通わせて受験勉強を強いていました。バブルがはじけ、一流企業が倒産したりリストラにあったりするようになり幸福であるはずの人生設計が崩れてしまいました。私はこのようなレールには乗らなかったため、かえって幸せな人生だったのかもしれません。私は団塊の世代です。戦後の貧しい生活から豊かな生活を求めて歩んできた世代です。豊かで幸せな生活は「物」だったのです。電化製品から始まり、車、マイホームが人生の目標でした。今、ほとんどの物を手に入れることが出来るようになり人生の目標をどこに置いたらいいのか分からなくなっているのではないでしょうか。人生の目標は「物」ではないのです。シュタイナーは、人間は誰でもこの世で果たすべき課題を持って生まれてきたといいます。「自分の課題は何なのか。」子どもたちには教育を通して、私たち大人は自分を見つめることから自分の課題を見つけたいですね。そしてその課題を果たすことができる強い意志の力を養いたいと思います。
[PR]
by higuchi1108 | 2007-05-03 10:49 | シュタイナー教育の概要